• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャートップ15勝右腕が尊敬するイチローのひたむきさ

 マーリンズ・イチロー(42)の大台到達はまたお預けである。2日(日本時間3日)のカブス戦は七回に代打で出場し、空振り三振に倒れた。敵地のファンからも歓声が上がるなど関心の高さをうかがわせるが、イチローの偉業に注目しているのは、メジャーリーガーも一緒だ。

 1日現在、30球団中トップの15勝(1敗)をマークしているナショナルズの投手、スティーブン・ストラスバーグ(28)は、イチローに憧れて育った世代だ。09年のドラフト全米1位でナショナルズに入団。160キロの剛速球を武器に現在、地区首位を走るチームを牽引している。対イチローの通算成績は11打数4安打の打率3割6分4厘(3三振)と打ち込まれている。そのストラスバーグにイチローについて、今季好調な理由などを聞いた。

――メジャー3000安打達成が注目されているイチローをどう見ていますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る