メジャートップ15勝右腕が尊敬するイチローのひたむきさ

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(42)の大台到達はまたお預けである。2日(日本時間3日)のカブス戦は七回に代打で出場し、空振り三振に倒れた。敵地のファンからも歓声が上がるなど関心の高さをうかがわせるが、イチローの偉業に注目しているのは、メジャーリーガーも一緒だ。

 1日現在、30球団中トップの15勝(1敗)をマークしているナショナルズの投手、スティーブン・ストラスバーグ(28)は、イチローに憧れて育った世代だ。09年のドラフト全米1位でナショナルズに入団。160キロの剛速球を武器に現在、地区首位を走るチームを牽引している。対イチローの通算成績は11打数4安打の打率3割6分4厘(3三振)と打ち込まれている。そのストラスバーグにイチローについて、今季好調な理由などを聞いた。

――メジャー3000安打達成が注目されているイチローをどう見ていますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    流行語大賞に!忘年会で使える「ラグビー用語の基礎知識」

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る