カヌー日本人初の銅 羽根田を鍛えた“単身スロバキア留学”

公開日:  更新日:

 リオ五輪カヌー男子スラロームのカナディアンシングル決勝で、羽根田卓也(29)が銅メダルを獲得した。

 決勝は10人の選手で争われた。準決勝を6位で通過した羽根田は5番目に登場。波や水の流れが読みづらい難コースをノーミスで終えて2位につけた。メダルは残る5人の結果待ち。すると、8番目のガルガウシャヌ(フランス)がトップに立ち、3位に落ちるも、ロンドン五輪4位や同五輪銀メダルの強豪たちがゲートに触れるペナルティーを犯し、3位をキープした羽根田は日本人、アジア人としては五輪のカヌーで初のメダルを決めた。

 カヌーのスラロームは、激流に設置したゲートを通過し、タイムを争う競技。国内ではあまり脚光を浴びることはないが、羽根田はカヌーをやっていた父の勧めで9歳からカヌースラロームを始め、高校で頂点に立つ。卒業すると、カヌーの強豪国であるスロバキアへ単身で渡った。同国には人工コースやレベルの高い選手が多い。今はスロバキアのコメニウス体育大大学院に通い、「兄貴みたいな存在」というスロバキアのコーチと二人三脚で腕を磨いている。この行動力と向上心が快挙を生んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る