カヌー日本人初の銅 羽根田を鍛えた“単身スロバキア留学”

公開日:  更新日:

 リオ五輪カヌー男子スラロームのカナディアンシングル決勝で、羽根田卓也(29)が銅メダルを獲得した。

 決勝は10人の選手で争われた。準決勝を6位で通過した羽根田は5番目に登場。波や水の流れが読みづらい難コースをノーミスで終えて2位につけた。メダルは残る5人の結果待ち。すると、8番目のガルガウシャヌ(フランス)がトップに立ち、3位に落ちるも、ロンドン五輪4位や同五輪銀メダルの強豪たちがゲートに触れるペナルティーを犯し、3位をキープした羽根田は日本人、アジア人としては五輪のカヌーで初のメダルを決めた。

 カヌーのスラロームは、激流に設置したゲートを通過し、タイムを争う競技。国内ではあまり脚光を浴びることはないが、羽根田はカヌーをやっていた父の勧めで9歳からカヌースラロームを始め、高校で頂点に立つ。卒業すると、カヌーの強豪国であるスロバキアへ単身で渡った。同国には人工コースやレベルの高い選手が多い。今はスロバキアのコメニウス体育大大学院に通い、「兄貴みたいな存在」というスロバキアのコーチと二人三脚で腕を磨いている。この行動力と向上心が快挙を生んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る