日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ4位入賞も…男子7人制ラグビー「東京五輪」への課題

 最後は世界を驚かすことはなかった。

 リオ五輪から実施された7人制ラグビーは11日(日本時間12日早朝)、男子の3位決定戦を行い、日本は南アフリカに14-54で大敗。昨年の15人制W杯で歴史的な勝利を挙げた南ア相手に7人制で返り討ちされ、初代メダリストの座を逃した。

 海外勢と比べて体格で劣る日本は好守に相手を上回る豊富な運動量で、ニュージーランド、フランスの強豪を撃破。銀メダルを獲得した英国には1ゴール差の惜敗だった。相次ぐ大物食いは世界の注目を集めたとはいえ、日本の致命的な弱点が浮き彫りになったのも事実だ。

 攻撃の際の相手を振り切るスピードはなく、パスをカットして速攻に転じても、即座に潰されて好機を逃すケースが目立った。今大会で独走トライを決めたのは、南ア戦で約30メートルを走りきった15人制代表でもある俊足WTB福岡堅樹(23)だけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事