卓球女子団体 ドイツに敗れ2大会連続“銀”シナリオ崩れる

公開日: 更新日:

 大接戦をモノにできなかった。リオ五輪卓球女子団体の準決勝で、2大会連続のメダルを狙う日本はドイツと対戦し2-3で敗れ、3位決定戦にまわることになった。

 第1試合は15歳の伊藤美誠がペトリサ・ソルヤに黒星。第2試合は石川佳純(23)がカット主戦型のイン・ハンに2ゲームを奪われながら、3ゲームを連取して大逆転勝ちした。第3試合のダブルスは、福原愛(27)と伊藤組がソルヤとシャオナ・シャン組に2-3で惜敗。

 日本は1勝2敗と追い込まれたが、第4試合の石川が過去3戦全勝のシャンにストレート勝ち。すべては第5試合の福原に託された。が、福原は苦手な「カットマン」に苦戦。最終ゲームも序盤からハンにリードを許し、そのまま押し切られた。中国籍の2人を帰化させたドイツは、女子卓球では初のメダルを決めた。

 日本代表の村上監督は、世界ランク1位の中国と決勝まで当たらない第2シードを確保するため、石川、福原、伊藤の個人ランキングにこだわって出場試合を選び、ライバル国の選手ポイントも常にチェックした。チームランキングは各国のランキング上位3人の順位で決まるからだ。綿密な計算から前回同様の第2シードを決めたまでは筋書き通りだったが、選手の力が及ばなかった。銅メダルを懸けた3位決定戦は日本時間16日、中国とシンガポール戦の敗者と対戦する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る