中田は8月もスランプ 日ハム栗山監督に“4番外し”の重圧

公開日:  更新日:

「こうなれば貯金の数は関係ない。残り30試合で何勝できるか。全部勝つだけ。目いっぱいいくしかない」

 24日のロッテ戦前、日本ハムの栗山監督はこう話していた。しかし、チーム内からは「ならば、いつまで中田を4番で使い続けるのか」という声が聞こえてくる。

 開幕から4番に座っている中田翔(27)。打率.242、得点圏打率も.260と、数字を残せていない。8月に入ってからの打率も.229という体たらくだ。24日の初回の打点も三ゴロの間というのだから、胸を張れまい。

 ある日ハムOBは「調子が悪い時はベンチであからさまにふてくされたりと、態度も悪い。そもそも、野球に対する集中力も疑問です」と言う。

 象徴的だったのが三回1死一塁の場面だ。中田はまたもや三ゴロを打つと、ロッテの三塁手・中村が打球をお手玉。落としたボールを慌てて拾い上げ、一塁に送球した。全力疾走ならセーフの可能性もあったが、中田はチンタラ走ってアウトになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る