• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中田は8月もスランプ 日ハム栗山監督に“4番外し”の重圧

「こうなれば貯金の数は関係ない。残り30試合で何勝できるか。全部勝つだけ。目いっぱいいくしかない」

 24日のロッテ戦前、日本ハムの栗山監督はこう話していた。しかし、チーム内からは「ならば、いつまで中田を4番で使い続けるのか」という声が聞こえてくる。

 開幕から4番に座っている中田翔(27)。打率.242、得点圏打率も.260と、数字を残せていない。8月に入ってからの打率も.229という体たらくだ。24日の初回の打点も三ゴロの間というのだから、胸を張れまい。

 ある日ハムOBは「調子が悪い時はベンチであからさまにふてくされたりと、態度も悪い。そもそも、野球に対する集中力も疑問です」と言う。

 象徴的だったのが三回1死一塁の場面だ。中田はまたもや三ゴロを打つと、ロッテの三塁手・中村が打球をお手玉。落としたボールを慌てて拾い上げ、一塁に送球した。全力疾走ならセーフの可能性もあったが、中田はチンタラ走ってアウトになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る