• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4番中田翔が不甲斐なく…ハム大谷ますます遠のく先発復帰

 投打にわたって規格外の活躍をしている日本ハムの大谷(22)。負ければ3連敗というソフトバンクとの首位攻防戦では、そのバットが窮地を救った。初回に先制適時二塁打を放つなど、5打数3安打1打点。連敗阻止に一役買った。

 その一方で「投」は実戦から遠のいて久しい。最後の先発登板は7月10日のロッテ戦。ブルペン投球は順調でも、具体的にいつ先発するのかというメドは立っていない。

 球団OBは「中田が不甲斐ないからでしょう」と、こう話す。

「栗山監督の方針で4番に座りながら、打率はたったの.245。得点圏打率も.263です。それでも83打点はリーグトップタイだが、同じ成績のデスパイネとメヒアに比べ、得点圏に限れば40打数以上、中田が彼らを上回っている。つまり、それだけ多くのチャンスを潰しているのです。大谷は先発する試合の前日、前々日は打席に立たない。今の打線から打率.348、19本塁打、50打点の大谷が抜ければ、チームはガタガタですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る