• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4番中田翔が不甲斐なく…ハム大谷ますます遠のく先発復帰

 投打にわたって規格外の活躍をしている日本ハムの大谷(22)。負ければ3連敗というソフトバンクとの首位攻防戦では、そのバットが窮地を救った。初回に先制適時二塁打を放つなど、5打数3安打1打点。連敗阻止に一役買った。

 その一方で「投」は実戦から遠のいて久しい。最後の先発登板は7月10日のロッテ戦。ブルペン投球は順調でも、具体的にいつ先発するのかというメドは立っていない。

 球団OBは「中田が不甲斐ないからでしょう」と、こう話す。

「栗山監督の方針で4番に座りながら、打率はたったの.245。得点圏打率も.263です。それでも83打点はリーグトップタイだが、同じ成績のデスパイネとメヒアに比べ、得点圏に限れば40打数以上、中田が彼らを上回っている。つまり、それだけ多くのチャンスを潰しているのです。大谷は先発する試合の前日、前々日は打席に立たない。今の打線から打率.348、19本塁打、50打点の大谷が抜ければ、チームはガタガタですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る