4番中田翔が不甲斐なく…ハム大谷ますます遠のく先発復帰

公開日:  更新日:

 投打にわたって規格外の活躍をしている日本ハムの大谷(22)。負ければ3連敗というソフトバンクとの首位攻防戦では、そのバットが窮地を救った。初回に先制適時二塁打を放つなど、5打数3安打1打点。連敗阻止に一役買った。

 その一方で「投」は実戦から遠のいて久しい。最後の先発登板は7月10日のロッテ戦。ブルペン投球は順調でも、具体的にいつ先発するのかというメドは立っていない。

 球団OBは「中田が不甲斐ないからでしょう」と、こう話す。

「栗山監督の方針で4番に座りながら、打率はたったの.245。得点圏打率も.263です。それでも83打点はリーグトップタイだが、同じ成績のデスパイネとメヒアに比べ、得点圏に限れば40打数以上、中田が彼らを上回っている。つまり、それだけ多くのチャンスを潰しているのです。大谷は先発する試合の前日、前々日は打席に立たない。今の打線から打率.348、19本塁打、50打点の大谷が抜ければ、チームはガタガタですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る