4番中田翔が不甲斐なく…ハム大谷ますます遠のく先発復帰

公開日:  更新日:

 投打にわたって規格外の活躍をしている日本ハムの大谷(22)。負ければ3連敗というソフトバンクとの首位攻防戦では、そのバットが窮地を救った。初回に先制適時二塁打を放つなど、5打数3安打1打点。連敗阻止に一役買った。

 その一方で「投」は実戦から遠のいて久しい。最後の先発登板は7月10日のロッテ戦。ブルペン投球は順調でも、具体的にいつ先発するのかというメドは立っていない。

 球団OBは「中田が不甲斐ないからでしょう」と、こう話す。

「栗山監督の方針で4番に座りながら、打率はたったの.245。得点圏打率も.263です。それでも83打点はリーグトップタイだが、同じ成績のデスパイネとメヒアに比べ、得点圏に限れば40打数以上、中田が彼らを上回っている。つまり、それだけ多くのチャンスを潰しているのです。大谷は先発する試合の前日、前々日は打席に立たない。今の打線から打率.348、19本塁打、50打点の大谷が抜ければ、チームはガタガタですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る