日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム岡が今度は右足肉離れ 怪我の多い選手は何が違うのか

 せっかくの才能も、実戦で生かせなければ宝の持ち腐れだ。

 日本ハムの外野手・岡大海(25)が、4日に右太ももの肉離れで登録抹消された。岡はルーキーイヤーの14年も左足靱帯断裂で長期離脱を余儀なくされた。今季も3月のオープン戦で右足首を痛め、一軍昇格したのは6月下旬だった。

 いずれも突発的な事故ではなく、走塁中などのケガ。185センチ、83キロの岡は明大時代から「身体能力の塊」と評価されていたが、いまだにその能力を発揮できないでいる。

 プロ野球は「無事是名馬」の世界。才能にあふれていても、ケガで活躍できずに球界を去った選手は数知れず。比較の対象としては格が違いすぎるが、イチロー(マーリンズ)がメジャーで頂点を極めることができたのも、大きな故障をしなかったためだ。ならば、ケガがちの選手とそうでない選手は何が違うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事