• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1カ月先発せず ハム大谷“右手中指マメ”はどれほど深刻か

 193センチの日本ハム・大谷翔平(21)が、小さな小さなマメに苦しんでいる。

 7月10日の登板で右手中指のマメを潰し、皮がめくれるケガ。7月24日に中継ぎ登板するも、栗山監督から「フォームが崩れている」と指摘された。16日も「3番DH」で出場するなど、ケガから1カ月以上経った現在も先発復帰のメドが立っていない。

 投手にとってマメの影響はそれほど大きいのか。評論家の三井浩二氏は「おそらく、血マメが潰れた時に皮もベロンとむけたのでしょう」と、こう話す。

「そうなると薄皮ができるまで、大体2週間くらい。そこからさらに、指の皮を強化する必要もある。普通の投手ならば、二軍で球数を投げ込んで指の皮を再び厚くし、試合で投げながら感覚を取り戻すことができます。しかし、二刀流の大谷は野手としても出場しなければいけない。指先のケアに集中できず、皮が厚くなるのが遅れている可能性もある。だから、無意識に指先に負担がかからないような投げ方になり、それがフォームの崩れにつながっているのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る