「イチローは特別」名将が明かす日本人大リーガーの素顔

公開日:  更新日:

 メジャー通算3000安打を放ったマーリンズのイチロー(42)を、かつての敵将で名監督が絶賛している。マリナーズ在籍時の03~06年まで同地区のレンジャーズの監督を務めたバック・ショウォルター現オリオールズ監督(60)だ。ダイヤモンドバックスでスカウトを務めた際にはイチロー視察のために来日したこともあるという。ヤンキース、レンジャーズ、オリオールズで3度、最優秀監督賞を受賞したショウォルター監督を直撃した。

――イチローがメジャー通算3000安打に到達しました。

「素晴らしいことだと思う。彼は最初の投票で殿堂入りが確実な選手だ。守備、走塁、打撃、どれも一流。どこにでも打つことができる。彼が初めてメジャーに来たときのことを覚えている。彼が通用するか、懐疑的な声も多かった。イチローが日本でプレーしているときに、私は日本で彼を見て(スカウトを務めていた)ダイヤモンドバックスに入団させたかった。皆が私に、イチローは通用するかと聞いた。『彼は打つ。信じていいよ。一般的ではないが、彼は打つ』『イチローは日本で、米国におけるマイケル・ジョーダンのようにビッグなんだ』と私は言った。信じるには実際に見るしかなかった。イチローは特別だった。そして今でも、だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る