• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

竜8試合、虎6試合…巨人「2位死守」の敵は下位への油断

 2位死守に向け、休んではいられないようだ。

 1日、巨人の高橋監督が遠征先の富山から二軍のジャイアンツ球場に直行。二軍と三軍による練習試合(6イニング制)を視察した。

 この試合、亀井、片岡、立岡といった一軍で実績のある選手が出場。中でも、コンディション不良により6月から二軍調整していた亀井は、二軍の1番・中堅でスタメン出場し、2打数1安打で指揮官に復調をアピールした。

 今季の巨人は重信、橋本到、松本など複数選手を中堅で起用しているが、どの選手もレギュラーを奪うまでの活躍ができないまま。実績のある亀井がハマれば、穴が埋まるかもしれない。今後の2位争い、そしてポストシーズンの戦いに向けて、プラスになることは間違いない。

 現在2位の巨人は残り23試合。首位広島は1日、3位DeNAに勝利したためゲーム差は12.5に開き、マジックは9に。優勝は絶望的となった今、CSの主催権も得られる2位は何としても死守したいところだ。3位DeNAとは6ゲーム差だが、先日はそのDeNAに3連敗。ここ10試合は3勝7敗と苦戦している。巨人OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る