• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

9月に中4日も “夏休み”明けのG菅野を待つフル回転の秋

 左足親指のマメで登録抹消中の巨人の菅野智之(26)が16日の中日戦に先発する。15日、川崎市のジャイアンツ球場で練習し、「やれることはやってきたつもり。自分の結果は二の次でチームが勝てばいい」と話した。

 5日の広島戦で患部を痛めて途中降板。翌6日に登録を抹消された。最短10日での復帰。来週23日、首位の広島戦で中6日の先発が濃厚となっている。本人は「(広島を)意識しないといけない」と気合をみなぎらせている。

 10日間の“夏休み”は終了した。尾花投手コーチは抹消する際、「8月末から9月にかけてフル回転してもらわないといけない」と宣言している。復帰するエースに首脳陣も腕まくりである。

「現ローテの内海、大竹、マイコラスは不振や故障で開幕一軍にはいなかった。今村は谷間の存在。田口だけがローテを守っている成長株だが、まだ高卒3年目で一軍定着1年目。信用できるのは菅野しかいないということ。マメなのに抹消したのは、開幕早々に中5日で投げさせたり、無理をさせたことによる勤続疲労を考慮してのこと。それと、これから無理をさせるからに他ならない。最初は中6日で入りながら、9月に入れば登板間隔を詰める。高橋監督は首位広島や3位DeNAとの直接対決をにらみながら、中5日や中4日も辞さない構え。だから、今のうちに『夏休み』を取らせ、心身ともにリフレッシュさせたのです」(チーム関係者)

 広島とは6.5ゲーム差。高橋監督や尾花投手コーチにはもともと、「先発5人で中5日」というプランがある。先発投手を少数精鋭にしたいのである。これからは信用できる投手だけで登板間隔を詰める時期に突入する。リフレッシュ休暇明けのエースに、いよいよ「由伸のムチ」が入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る