• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去のCSデータで一目瞭然 巨人の日本S進出はもう絶望的

 巨人ではその昔、「リーグ優勝しても、日本一にならなければ意味はない」と言われた。

 古手のOBによれば、「そういう伝統というか気概が最近の選手から薄れているとはいえ、それでも優勝を目標ではなく義務と感じて毎年のシーズンを戦っているのは恐らく巨人だけ。優勝を逃したときの虚無感が他チームに比べて大きいからそういうことになるんだよ」という。「そういうこと」とは、過去のクライマックスシリーズ(CS)のデータだ。

 07年にCSが導入されてから、巨人は9年連続で出場し、日本シリーズに駒を進めること4度。“勝率”は.444と決して高くはないが、これがリーグ優勝を逃して出場した場合は.000になる。つまり、2位か3位で臨んだCSでは、いずれも日本シリーズ進出を逃しているのだ。

 しかも、3度あるそのケース(10年=3位、11年=3位、15年=2位)はすべて1勝4敗、1勝2敗、1勝4敗と一方的にやられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る