• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

帳尻合わせは天下一品…巨人・村田“契約最終年”の大活躍

 しぶとい男だ。巨人の村田修一(35)が30日のヤクルト戦で4打数3安打3打点の活躍。チームの連敗を5で止める働きに、高橋監督は「勝負どころでいいヒットを打ってくれた」と手放しだった。

 今季限りで3年契約が切れる村田は、13年オフに総額10億円の大型契約を結んで以降、成績が下降線をたどった。

 14年は打率.256、21本塁打、68打点のうえ、22併殺でリーグの併殺王に。昨年は.236、12本塁打、39打点とさらに数字を落とし、今季は開幕前まで補欠降格の危機にさらされた。

 それが、若手成長株の岡本和真(20)を蹴落とすと、全119試合に出場して.302、18本塁打、58打点。クビのピンチを吹き飛ばすどころか、3億円の年俸も維持しそうな勢いである。

 村田は11年オフに2年総額5億円で横浜から巨人にFA入団。移籍1年目はプロ入り最低の12本塁打に終わるなど、.252、58打点と期待を裏切ったが、契約が切れる2年目に.316、25本塁打、87打点と爆発して10億円の複数年契約を勝ち取った。

 逆境に強いというのか要領がいいというのか。「帳尻合わせ」の名人には違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る