羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

シニア賞金ランク首位 日本シニアOPはマークセン独り舞台

公開日: 更新日:
シニアデビューのマークセンが3勝目(提供写真)

 先週の日本シニアオープンは久々にタフなセッティングでした。アウト9ホール(3373ヤード)は比較的フェアウエーが広いのですが、イン9ホール(3565ヤード)は趣がガラリと変わってフェアウエーが狭くて距離も長い。

 雨が降ってグリーンは軟らかくバーデ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る