日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース田中 あるか最優秀防御率&サイ・ヤングの2冠

 ヤンキース・田中将大(27)が渡米3年目にして初の栄冠を手にするかもしれない。

 ここまで30試合(計193回3分の2)を投げ、ア・リーグ1位の防御率2.97をマーク(19日終了時)。日本人初の最優秀防御率のタイトル獲得を狙える位置に付けている。しかも、打者有利とされるヤンキースタジアムで防御率2点台(規定投球回以上)は至難の業。田中が防御率2点台でタイトル獲得なら、80年のルディー・メイ(2.46)以来となる。

 9月に入って米メディアはこぞってタイトル争いの行方を予想。ア・リーグのサイ・ヤング賞としてレッドソックスの右腕ポーセロ(21勝4敗、防御率3.08)、インディアンスの右腕・クルーバー(17勝9敗、同3.12)とともに、田中を有力候補に挙げている。

 田中はローテーション通りなら21日(日本時間22日)のレイズ戦を含め、今季は残り3戦に登板予定。このまま大崩れせずに2点台の防御率をキープしてタイトル獲得なら、サイ・ヤング賞との2冠は可能か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事