ヤンキース田中 あるか最優秀防御率&サイ・ヤングの2冠

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(27)が渡米3年目にして初の栄冠を手にするかもしれない。

 ここまで30試合(計193回3分の2)を投げ、ア・リーグ1位の防御率2.97をマーク(19日終了時)。日本人初の最優秀防御率のタイトル獲得を狙える位置に付けている。しかも、打者有利とされるヤンキースタジアムで防御率2点台(規定投球回以上)は至難の業。田中が防御率2点台でタイトル獲得なら、80年のルディー・メイ(2.46)以来となる。

 9月に入って米メディアはこぞってタイトル争いの行方を予想。ア・リーグのサイ・ヤング賞としてレッドソックスの右腕ポーセロ(21勝4敗、防御率3.08)、インディアンスの右腕・クルーバー(17勝9敗、同3.12)とともに、田中を有力候補に挙げている。

 田中はローテーション通りなら21日(日本時間22日)のレイズ戦を含め、今季は残り3戦に登板予定。このまま大崩れせずに2点台の防御率をキープしてタイトル獲得なら、サイ・ヤング賞との2冠は可能か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る