松坂超え目前の岩隈 “ガス欠克服フォーム”で50億円ゲット

公開日:  更新日:

 マリナーズ・岩隈久志(35)が白星を積み重ねている。

 14日(日本時間15日)のエンゼルス戦で自己最多の16勝目(11敗、防御率3・87)を挙げた。ローテーション通りならレギュラーシーズンはあと3試合に登板予定。すでにレッドソックス・ポーセロが20勝(4敗)をマークしているため、今季の最多勝は絶望的だが、元レッドソックス・松坂大輔(現ソフトバンク)が08年にマークした日本人投手最多勝利記録の18勝(3敗)は更新可能だ。

 今季は右ふくらはぎ痛で6月に故障者リスト(DL)入りしたサイ・ヤング賞右腕ヘルナンデスに代わって投手陣を牽引。岩隈の好調さも手伝って、チームはワイルドカード(2位以下の高勝率2球団)でのポストシーズン進出を狙える位置に付けている。

 昨季までの岩隈はシーズン終盤になると決まって失速。疲労からガス欠を起こして不安定な投球を続け、勝ち星を伸ばせなかった。今季は黒星こそ2ケタに達したとはいえ、球宴以降は12試合(計71・2回)で7勝5敗、防御率3・27。これまでと違い、調子を崩さないのはオフの肉体改造とフォーム改良の成果だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る