松坂超え目前の岩隈 “ガス欠克服フォーム”で50億円ゲット

公開日: 更新日:

 マリナーズ・岩隈久志(35)が白星を積み重ねている。

 14日(日本時間15日)のエンゼルス戦で自己最多の16勝目(11敗、防御率3・87)を挙げた。ローテーション通りならレギュラーシーズンはあと3試合に登板予定。すでにレッドソックス・ポーセロが20勝(4敗)をマークしているため、今季の最多勝は絶望的だが、元レッドソックス・松坂大輔(現ソフトバンク)が08年にマークした日本人投手最多勝利記録の18勝(3敗)は更新可能だ。

 今季は右ふくらはぎ痛で6月に故障者リスト(DL)入りしたサイ・ヤング賞右腕ヘルナンデスに代わって投手陣を牽引。岩隈の好調さも手伝って、チームはワイルドカード(2位以下の高勝率2球団)でのポストシーズン進出を狙える位置に付けている。

 昨季までの岩隈はシーズン終盤になると決まって失速。疲労からガス欠を起こして不安定な投球を続け、勝ち星を伸ばせなかった。今季は黒星こそ2ケタに達したとはいえ、球宴以降は12試合(計71・2回)で7勝5敗、防御率3・27。これまでと違い、調子を崩さないのはオフの肉体改造とフォーム改良の成果だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る