マエケン自己最短KO 今季約13億円ゲットもPSに不安残す

公開日:  更新日:

 ドジャースのルーキー右腕がレギュラーシーズン最後で息切れか。

 前田健太(28)が2日(日本時間3日)のジャイアンツ戦に登板。2回3分の2を9安打5失点でKOされ11敗目(16勝)を喫した。ポストシーズンに向けた調整登板とはいえ、投球回数2回3分の2、被安打9ともメジャー自己ワースト。レギュラーシーズン最終戦でケチを付け、同地区のライバルであるジャイアンツのワイルドカードによるポストシーズン進出を後押しする形となった。

 前田はジャイアンツ打線に立ち上がりを捉えられ、一回は先頭打者から3連打で2点を先制される。二回には下位打線に長打を浴びるなど、4長短打で3点の追加を許すと、三回2死一、三塁のピンチの場面で降板。これで前田は地区優勝を決めた後の登板で2戦連続のKO。

 前田は7日(日本時間8日)からのナショナルズとの地区シリーズでは10日(同11日)の3戦目(ドジャースタジアム)の登板が決まっている。初戦に先発するエースでサイ・ヤング賞左腕のカーショウ(今季12勝4敗)は過去2勝6敗、防御率4.59とポストシーズンで結果を残せていない。1、2戦目(左腕ヒル)の結果次第では新人右腕には好投が求められる。

 この日の登板で32試合に達し、先発試合数の出来高は満額(150万ドル=約1億5000万円)となり、今季の年俸は1290万ドル(約12億9000万円)。高給取りの仲間入りを果たした前田はチームをワールドシリーズに導けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る