ジャイアンツ打撃陣が声揃える マエケンは攻略し難い投手

公開日:  更新日:

 ドジャース・前田健太(27)が23日(日本時間あす24日)、地区優勝を争うジャイアンツとの直接対決2戦目に登板する。ドジャースは現在、2位ジャイアンツに0.5ゲーム差をつけたナ・リーグ西地区首位(22日終了時)。地区連覇を目指すドジャースの首位固めは前田の投球にもかかっている。

 ともにカリフォルニア州を本拠地とする両球団による名門対決は人気カードのひとつ。今回はロサンゼルスでの3連戦だが、ジャイアンツの本拠地サンフランシスコでの試合では地元ファンによる「BEAT LA」(LAのチームをぶっつぶせ!)の大合唱が球場全体からわき起こるなど、両軍のファンは熱狂的だ。

■彼との対戦はチャレンジ

 前田のジャイアンツ戦の登板はここまで1試合。4月17日に7回を1本塁打含む4安打1失点に抑え、2勝目をマークした。両軍による直接対決を前にジャイアンツの主力打者に宿敵ドジャースと前田の印象を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る