• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャイアンツ打撃陣が声揃える マエケンは攻略し難い投手

 ドジャース・前田健太(27)が23日(日本時間あす24日)、地区優勝を争うジャイアンツとの直接対決2戦目に登板する。ドジャースは現在、2位ジャイアンツに0.5ゲーム差をつけたナ・リーグ西地区首位(22日終了時)。地区連覇を目指すドジャースの首位固めは前田の投球にもかかっている。

 ともにカリフォルニア州を本拠地とする両球団による名門対決は人気カードのひとつ。今回はロサンゼルスでの3連戦だが、ジャイアンツの本拠地サンフランシスコでの試合では地元ファンによる「BEAT LA」(LAのチームをぶっつぶせ!)の大合唱が球場全体からわき起こるなど、両軍のファンは熱狂的だ。

■彼との対戦はチャレンジ

 前田のジャイアンツ戦の登板はここまで1試合。4月17日に7回を1本塁打含む4安打1失点に抑え、2勝目をマークした。両軍による直接対決を前にジャイアンツの主力打者に宿敵ドジャースと前田の印象を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る