ヒーロー今宮も必死 ソフトB“ポストS査定”にナイン血眼

公開日:  更新日:

 主将と守備の要が、ドデカい仕事をやってのけた。

 8日の初戦、ソフトバンクは初回から2点を失う厳しい展開。しかし、主将の内川が嫌なムードを振り払った。初回裏にまずは適時打で1点を返すと、三回には同点となるソロ弾。続いて気を吐いたのが、遊撃手の今宮だ。八回1死満塁から左中間を抜く2点適時打を放ち、試合を決めた。

 お立ち台ではファンの歓声に応えた2人。

 内川が「(短期決戦は)結果が良いか悪いかの5割だと思って頑張ります」と話せば、CS直前に右ヒジ痛で一時戦線離脱した今宮も、「診断の結果、ネズミ(関節内の遊離軟骨)だったので、気合で頑張ります!」と笑顔を見せた。

 確実といわれていた3連覇を逃し、まさかの2位に終わった今季。ナインは「日本一でリベンジを」と思う一方、「今が稼ぎ時」と目の色を変えている。というのも、ソフトバンクは他球団より「ポストシーズン査定」がデカいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る