ヒーロー今宮も必死 ソフトB“ポストS査定”にナイン血眼

公開日: 更新日:

 主将と守備の要が、ドデカい仕事をやってのけた。

 8日の初戦、ソフトバンクは初回から2点を失う厳しい展開。しかし、主将の内川が嫌なムードを振り払った。初回裏にまずは適時打で1点を返すと、三回には同点となるソロ弾。続いて気を吐いたのが、遊撃手の今宮だ。八回1死満塁から左中間を抜く2点適時打を放ち、試合を決めた。

 お立ち台ではファンの歓声に応えた2人。

 内川が「(短期決戦は)結果が良いか悪いかの5割だと思って頑張ります」と話せば、CS直前に右ヒジ痛で一時戦線離脱した今宮も、「診断の結果、ネズミ(関節内の遊離軟骨)だったので、気合で頑張ります!」と笑顔を見せた。

 確実といわれていた3連覇を逃し、まさかの2位に終わった今季。ナインは「日本一でリベンジを」と思う一方、「今が稼ぎ時」と目の色を変えている。というのも、ソフトバンクは他球団より「ポストシーズン査定」がデカいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る