プロ転向の畑岡奈紗 米挑戦「心意気やよし」とファン期待

公開日:  更新日:

「日本女子オープンが終わって、何回か家族で話をしているうちにプロとしてやっていきたいと思いました」

 日本女子オープンで大会史上最年少、史上初のアマチュア優勝を飾った畑岡奈紗(17)が10日、都内でプロ転向会見を行った。会場には報道陣95人が集まり、注目の高さがうかがえた。

 ただし、畑岡がプロとしてプレーしたいのは日本ツアーではなく、米女子ツアーである。

 12日、米ツアーQT(プロテスト)2次予選会(20~23日)に向けて、渡米。そこで80位以内に入れば、最終予選会に進出し、最終QT20位以内なら、来季の米ツアーカードを取得する。

「将来的に米国で戦いたいと思ったのは、今年4月の米ツアーに参加したのがきっかけです。QTを上位で通過して2年以内には米ツアーで優勝し、それから先の5年以内には海外メジャーで勝てるようになりたいです」(畑岡)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る