プロ転向の畑岡奈紗 米挑戦「心意気やよし」とファン期待

公開日:  更新日:

「日本女子オープンが終わって、何回か家族で話をしているうちにプロとしてやっていきたいと思いました」

 日本女子オープンで大会史上最年少、史上初のアマチュア優勝を飾った畑岡奈紗(17)が10日、都内でプロ転向会見を行った。会場には報道陣95人が集まり、注目の高さがうかがえた。

 ただし、畑岡がプロとしてプレーしたいのは日本ツアーではなく、米女子ツアーである。

 12日、米ツアーQT(プロテスト)2次予選会(20~23日)に向けて、渡米。そこで80位以内に入れば、最終予選会に進出し、最終QT20位以内なら、来季の米ツアーカードを取得する。

「将来的に米国で戦いたいと思ったのは、今年4月の米ツアーに参加したのがきっかけです。QTを上位で通過して2年以内には米ツアーで優勝し、それから先の5年以内には海外メジャーで勝てるようになりたいです」(畑岡)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る