日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

畑岡奈紗 プロ転向&渡米に国内ゴルフ界“心境複雑”なワケ

 先日の日本女子オープンで史上初のアマチュア優勝を成し遂げた畑岡奈紗(17)は、10日に都内のホテルでプロ転向の記者会見を開き、20日から始まる米女子ツアーの2次予選会に挑戦するため渡米する。

 米女子ツアーの2次予選といえば、今年の国内女子プロテストにトップ合格した永井花奈(19)が昨年64位で通過し、約150人が出場する12月の最終予選会(ファイナル)に進んだ。永井は4日間で13オーバーと振るわず最終日に進めなかったが、5日間90ホールで20位タイまでに入れば、翌年のシーズンはフル参戦できる。21~45位でも8試合前後は出場できるとあって、日本ツアー関係者は「せめて2、3年は日本でプレーしてほしい」と言ってこう続ける。

「畑岡はナショナルチームのメンバーにもなっており、海外の試合を数多くこなしている。おそらくファイナルまでは行くでしょう。でも、アマで女子オープンに勝った話題の選手です。国内ツアーに参戦してくれたら若いギャラリーも増えるし、ゴルフを始める子供も増える。ツアーではイ・ボミ人気は根強いものの、フレッシュな若手でツアーを盛り上げてほしいのが、業界関係者の本音です。畑岡が米女子ツアーテストのファイナルに進めば、日程の関係で国内女子ツアー最終戦のツアーチャンピオンシップには出場しないでしょう。女子オープン覇者が出ないというのは寂しい限りです。畑岡はまだ17歳。米ツアーへ行くチャンスはいくらでもある。来季は米国ではなく、国内のゴルフ界に貢献してほしいです」

 畑岡は大人の事情に振り回されず、思い切り米国でプレーすればいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事