畑岡奈紗 プロ転向&渡米に国内ゴルフ界“心境複雑”なワケ

公開日: 更新日:

 先日の日本女子オープンで史上初のアマチュア優勝を成し遂げた畑岡奈紗(17)は、10日に都内のホテルでプロ転向の記者会見を開き、20日から始まる米女子ツアーの2次予選会に挑戦するため渡米する。

 米女子ツアーの2次予選といえば、今年の国内女子プロテストにトップ合格した永井花奈(19)が昨年64位で通過し、約150人が出場する12月の最終予選会(ファイナル)に進んだ。永井は4日間で13オーバーと振るわず最終日に進めなかったが、5日間90ホールで20位タイまでに入れば、翌年のシーズンはフル参戦できる。21~45位でも8試合前後は出場できるとあって、日本ツアー関係者は「せめて2、3年は日本でプレーしてほしい」と言ってこう続ける。

「畑岡はナショナルチームのメンバーにもなっており、海外の試合を数多くこなしている。おそらくファイナルまでは行くでしょう。でも、アマで女子オープンに勝った話題の選手です。国内ツアーに参戦してくれたら若いギャラリーも増えるし、ゴルフを始める子供も増える。ツアーではイ・ボミ人気は根強いものの、フレッシュな若手でツアーを盛り上げてほしいのが、業界関係者の本音です。畑岡が米女子ツアーテストのファイナルに進めば、日程の関係で国内女子ツアー最終戦のツアーチャンピオンシップには出場しないでしょう。女子オープン覇者が出ないというのは寂しい限りです。畑岡はまだ17歳。米ツアーへ行くチャンスはいくらでもある。来季は米国ではなく、国内のゴルフ界に貢献してほしいです」

 畑岡は大人の事情に振り回されず、思い切り米国でプレーすればいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る