日本女子OP畑岡V影響? 「緑の甲子園」通信制排除の動き

公開日: 更新日:

 女子高生の偉業で拍車がかかるかもしれない。

 先週の日本女子オープンで女子高生アマチュアの畑岡奈紗が優勝。17歳263日での達成は史上最年少優勝記録の更新となった。畑岡は来週早々にも、プロ転向するための申請を行い、今週のスタンレー女子(7日開幕=静岡・東名CC)に出場後は、12日に渡米。20日から始まる米ツアー2次予選会に向かう。

 畑岡の在籍するルネサンス高は「インターネットの高校として8000人以上の卒業生を送り出している」(同校ホームページより)、いわゆる通信制の高校だ。

 その畑岡が脚光を浴びた日本女子オープンの1日目のこと。日本高等学校ゴルフ連盟は井上尚彦理事長の名で、通信制高校ゴルフ部の顧問宛てに「通信制高等学校ゴルフ部顧問の先生方と本連盟理事との意見交換会のご案内」(日時10月15日・14時30分~都内)の文書が送付された。そこには「全日制と通信制のさまざまな違いを踏まえ、カテゴリー別大会運営を検討する必要があるのではないかという意見があります」との一文がある。「この点が引っ掛かります」と、通信制高校の関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る