日本女子OP畑岡V影響? 「緑の甲子園」通信制排除の動き

公開日:  更新日:

 女子高生の偉業で拍車がかかるかもしれない。

 先週の日本女子オープンで女子高生アマチュアの畑岡奈紗が優勝。17歳263日での達成は史上最年少優勝記録の更新となった。畑岡は来週早々にも、プロ転向するための申請を行い、今週のスタンレー女子(7日開幕=静岡・東名CC)に出場後は、12日に渡米。20日から始まる米ツアー2次予選会に向かう。

 畑岡の在籍するルネサンス高は「インターネットの高校として8000人以上の卒業生を送り出している」(同校ホームページより)、いわゆる通信制の高校だ。

 その畑岡が脚光を浴びた日本女子オープンの1日目のこと。日本高等学校ゴルフ連盟は井上尚彦理事長の名で、通信制高校ゴルフ部の顧問宛てに「通信制高等学校ゴルフ部顧問の先生方と本連盟理事との意見交換会のご案内」(日時10月15日・14時30分~都内)の文書が送付された。そこには「全日制と通信制のさまざまな違いを踏まえ、カテゴリー別大会運営を検討する必要があるのではないかという意見があります」との一文がある。「この点が引っ掛かります」と、通信制高校の関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る