日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アマ最後は4位T 畑岡奈紗はプロ転向でいくら稼げるのか

 日本女子オープンで大会史上最年少、史上初のアマチュア優勝を飾った畑岡奈紗(17)。続く「スタンレーレディス」で2戦連続優勝を狙ったが、4アンダーの4位タイに終わった。

 10日にプロ転向の意向を表明した畑岡にとって、この大会がアマチュアとして最後の出場。ただツアープロとして単年登録の資格を取得するため、シード選手と違って、出場義務試合数は発生しない。本人は米女子ツアー参戦の意志が強く、今大会後には米ツアーQT(プロテスト)2次予選会(20~23日)に向けて渡米。そこで80位以内に入れば最終予選会に進出し、ファイナルQTで20位以内なら、来季の米ツアーカードを取得する。

■堀琴音クラスなら5000万円

 畑岡は2015、16年と世界ジュニア選手権連覇と実力は海外でも認められており、目標は全米女子オープン優勝と東京五輪で金メダル獲得というから、プロ転向も期待が膨らむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事