インディアンスを19年ぶりVに導いたフランコーナ監督とは

公開日: 更新日:

 インディアンスを19年ぶり6度目のワールドシリーズに導いたのがテリー・フランコーナ監督(57)だ。

 エースでサイ・ヤング賞右腕クルーバー(今季18勝9敗)、主砲サンタナ(同34本塁打、87打点)を中心に投打のバランスの良さでア・リーグ中地区を制した。

 11年まで8年間指揮を執ったレッドソックスでは2度の世界一に。04年、86年ぶりに「ルースの呪い」を解いた監督としても知られる。日本では松坂大輔(現ソフトバンク)、岡島秀樹のボスとして有名だ。

 フランコーナ監督のもとで5年間プレーした岡島によれば、いい意味で放任主義の指揮官だという。

 当時のレッドソックスは右腕シリング、長距離砲のラミレス、オルティスらスター選手が顔を揃えていたこともあり、シーズン中に全体ミーティングはほとんどなかったという。ミーティングより選手個々との直接対話を重視。監督室のドアは常にオープンにし、時にはクラブハウスに足を運んで選手とコミュニケーションを図り、選手の表情や何げない会話からコンディションの把握に努めていたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る