インディアンスを19年ぶりVに導いたフランコーナ監督とは

公開日:  更新日:

 インディアンスを19年ぶり6度目のワールドシリーズに導いたのがテリー・フランコーナ監督(57)だ。

 エースでサイ・ヤング賞右腕クルーバー(今季18勝9敗)、主砲サンタナ(同34本塁打、87打点)を中心に投打のバランスの良さでア・リーグ中地区を制した。

 11年まで8年間指揮を執ったレッドソックスでは2度の世界一に。04年、86年ぶりに「ルースの呪い」を解いた監督としても知られる。日本では松坂大輔(現ソフトバンク)、岡島秀樹のボスとして有名だ。

 フランコーナ監督のもとで5年間プレーした岡島によれば、いい意味で放任主義の指揮官だという。

 当時のレッドソックスは右腕シリング、長距離砲のラミレス、オルティスらスター選手が顔を揃えていたこともあり、シーズン中に全体ミーティングはほとんどなかったという。ミーティングより選手個々との直接対話を重視。監督室のドアは常にオープンにし、時にはクラブハウスに足を運んで選手とコミュニケーションを図り、選手の表情や何げない会話からコンディションの把握に努めていたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る