• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

留任たった3人…ソフトBコーチ陣“大シャッフル”の目論見

 28日に球団が発表した、来季のコーチ人事。一軍で留任となったのは佐藤投手コーチ、鳥越内野守備走塁コーチ、清水バッテリーコーチの3人だけ。残りは新任や配置転換で二軍や三軍から来たコーチばかりだ。

 これまで一軍を担当していた大道打撃コーチ、田之上投手コーチは三軍担当になるなど、一~三軍の首脳陣を大規模にシャッフルした。

 さらにヘッドコーチとして入閣が確実視されている達川光男氏(評論家)を含め、数人が後日の発表になるという。

 ある球団OBは「V逸の責任とか、そういう話ではない」と話す。

「要は一から常勝球団をつくり直そうということです。特に一軍コーチはチームの現状を把握しているので、二軍では『どんな指導をすれば戦力になるか』という視点から指導が出来る。逆に一軍に抜擢された元二軍、三軍コーチは若手をよく知っている。下から推薦があった時、チームの現状と照らし合わせて『まだ時期尚早』などと、より慎重な判断を下せる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る