• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

留任たった3人…ソフトBコーチ陣“大シャッフル”の目論見

 28日に球団が発表した、来季のコーチ人事。一軍で留任となったのは佐藤投手コーチ、鳥越内野守備走塁コーチ、清水バッテリーコーチの3人だけ。残りは新任や配置転換で二軍や三軍から来たコーチばかりだ。

 これまで一軍を担当していた大道打撃コーチ、田之上投手コーチは三軍担当になるなど、一~三軍の首脳陣を大規模にシャッフルした。

 さらにヘッドコーチとして入閣が確実視されている達川光男氏(評論家)を含め、数人が後日の発表になるという。

 ある球団OBは「V逸の責任とか、そういう話ではない」と話す。

「要は一から常勝球団をつくり直そうということです。特に一軍コーチはチームの現状を把握しているので、二軍では『どんな指導をすれば戦力になるか』という視点から指導が出来る。逆に一軍に抜擢された元二軍、三軍コーチは若手をよく知っている。下から推薦があった時、チームの現状と照らし合わせて『まだ時期尚早』などと、より慎重な判断を下せる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る