留任たった3人…ソフトBコーチ陣“大シャッフル”の目論見

公開日: 更新日:

 28日に球団が発表した、来季のコーチ人事。一軍で留任となったのは佐藤投手コーチ、鳥越内野守備走塁コーチ、清水バッテリーコーチの3人だけ。残りは新任や配置転換で二軍や三軍から来たコーチばかりだ。

 これまで一軍を担当していた大道打撃コーチ、田之上投手コーチは三軍担当になるなど、一~三軍の首脳陣を大規模にシャッフルした。

 さらにヘッドコーチとして入閣が確実視されている達川光男氏(評論家)を含め、数人が後日の発表になるという。

 ある球団OBは「V逸の責任とか、そういう話ではない」と話す。

「要は一から常勝球団をつくり直そうということです。特に一軍コーチはチームの現状を把握しているので、二軍では『どんな指導をすれば戦力になるか』という視点から指導が出来る。逆に一軍に抜擢された元二軍、三軍コーチは若手をよく知っている。下から推薦があった時、チームの現状と照らし合わせて『まだ時期尚早』などと、より慎重な判断を下せる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る