SB松坂を待つプエルトリコのスラッガーとジカ熱のリスク

公開日: 更新日:

 右肩痛からの復活を目指す元メジャーリーガーが必死である。

 15年に日本球界に復帰しながら度重なる故障で、1試合しか登板していないソフトバンク松坂大輔(36)。

 来季の復活を期す右腕は、全盛期の投球を取り戻すため、球団にプエルトリコのウインターリーグ(WL=10月28日開幕)への参加を直訴。ドミニカ共和国WLへの参戦を希望する五十嵐とともに渡航を認められ、12月にも現地のチームに合流する。

 WLは、メジャーのスカウトに売り込もうと目の色を変えてプレーする若手選手が少なくない。マイナーリーガーが実力向上を目指すのはもちろん、調整の一環としてメジャーリーガーも出場する。現役ではゴールドグラブ賞8回のモリーナ(カージナルス)を筆頭にプエルトリコは伝統的に優れた捕手を輩出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る