SB松坂を待つプエルトリコのスラッガーとジカ熱のリスク

公開日:

 右肩痛からの復活を目指す元メジャーリーガーが必死である。

 15年に日本球界に復帰しながら度重なる故障で、1試合しか登板していないソフトバンク・松坂大輔(36)。

 来季の復活を期す右腕は、全盛期の投球を取り戻すため、球団にプエルトリコのウインターリーグ(WL=10月28日開幕)への参加を直訴。ドミニカ共和国WLへの参戦を希望する五十嵐とともに渡航を認められ、12月にも現地のチームに合流する。

 WLは、メジャーのスカウトに売り込もうと目の色を変えてプレーする若手選手が少なくない。マイナーリーガーが実力向上を目指すのはもちろん、調整の一環としてメジャーリーガーも出場する。現役ではゴールドグラブ賞8回のモリーナ(カージナルス)を筆頭にプエルトリコは伝統的に優れた捕手を輩出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る