日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本シリーズ精彩なし…ハム陽岱鋼を冷遇する球団の思惑

 今回のシリーズで精彩を欠いているのが日本ハムの陽岱鋼(29)だ。

 広島で行われた1、2戦こそ中堅でスタメン出場したものの、2日で4三振。3戦目以降はベンチスタートで、もっぱら後半の守備要員。計5試合で8打数無安打、5三振と、打つ方に関してはからっきしなのだ。

 サヨナラ満塁本塁打の西川(24)をはじめ、岡(25)、近藤(23)といった同じ外野手の若手に押されっ放しの印象すらある。

「いや、精彩を欠いているのは打つ方だけじゃありませんよ」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「俊足で守備範囲は広いものの、3年前に右肩を痛めて以来、返球に難がある。最近の陽の弱肩ぶりには、投手陣から悲鳴が上がっているとも聞いています。そこへいくと岡は明大時代に投手、近藤も捕手あがりだけに、肩は強い。控えには2年目の浅間(20)もいて、外野手に限っては飽和状態ですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事