ほぼ生え抜きで頂上決戦 広島&日ハム“スカウトの眼力”

公開日:

 熱心な野球ファンならすでにお気づきだろうが、今年の頂上決戦のオーダーを見ると、4戦目までは助っ人以外は投手も野手もスタメンはすべて生え抜きだった(第5戦日ハム捕手・市川は元巨人)。広島の黒田と新井は出戻りだがカープ出身。日ハムの田中賢もしかり。主力に、FA補強や他球団からトレードで移籍してきた選手は皆無だ。

 さらに、両チームの出場資格者名簿を見るとドラフト1位がズラリ。日ハムは、陽(05年高校生ドラフト)、吉川(06年同)、中田(07年同)、大野(08年)、斎藤(10年)、大谷(12年)、渡辺(13年)、有原(14年)。

 広島も、白浜(03年)、安部(07年高校)、岩本(08年)、今村(09年)、福井(10年)、野村(11年)、大瀬良(13年)、野間(14年)、岡田(15年)といった面々だ。ちなみに、昨オフにメジャー移籍したマエケンも06年高校1位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る