ほぼ生え抜きで頂上決戦 広島&日ハム“スカウトの眼力”

公開日: 更新日:

 熱心な野球ファンならすでにお気づきだろうが、今年の頂上決戦のオーダーを見ると、4戦目までは助っ人以外は投手も野手もスタメンはすべて生え抜きだった(第5戦日ハム捕手・市川は元巨人)。広島の黒田と新井は出戻りだがカープ出身。日ハムの田中賢もしかり。主力に、FA補強や他球団からトレードで移籍してきた選手は皆無だ。

 さらに、両チームの出場資格者名簿を見るとドラフト1位がズラリ。日ハムは、陽(05年高校生ドラフト)、吉川(06年同)、中田(07年同)、大野(08年)、斎藤(10年)、大谷(12年)、渡辺(13年)、有原(14年)。

 広島も、白浜(03年)、安部(07年高校)、岩本(08年)、今村(09年)、福井(10年)、野村(11年)、大瀬良(13年)、野間(14年)、岡田(15年)といった面々だ。ちなみに、昨オフにメジャー移籍したマエケンも06年高校1位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る