広島に予告先発の恩恵 第6戦ハム大谷先発せず気勢上がる

公開日:  更新日:

 29日の日本シリーズ第6戦の先発が28日に発表され、3勝2敗と王手をかけている日本ハムは、大谷翔平(22)ではなく、増井浩俊(32)だったからオドロキだ。

「頑張りますということだけです。リリーフも想定している。(起用法に)こだわりは特にないです」と話した大谷は初戦に先発して6回3失点で敗戦投手に。第2戦は代打、第3戦以降は「3番・DH」で出場していた。それでも初日から数えれば、6戦目は中6日。予告先発が発表されるまで、誰もが6戦目の先発を疑っていなかっただろう。

 栗山監督は「幅を考えてみた。起用法? それは戦略上の問題だから。どう使うかは考える」と具体的なことは何も語らなかったものの、大谷ではなく増井の先発は広島ナインにとってこれ以上ない朗報という。

 27日の第5戦前、ある選手は「今日(第5戦)が大事。負けて王手をかけられると、6戦目は(先発)大谷だから、かなりやばい状況に追い込まれますから」と話していた。それだけに広島のチーム関係者は「予告先発が発表された時、選手たちは『ヨッシャー!』と思った」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る