広島・緒方監督困った…日ハム王手で秘策“お蔵入り”危機

公開日:

 広島の緒方監督は当初、今回の日本シリーズがもつれると踏んで、7戦目の投手起用に頭を悩ませていたらしい。

 先発を中4日の黒田にするか、それとも、ここまでシリーズで登板機会のない福井にするか――。 

「最終戦の先発が福井じゃ、負けた時にナインもファンも納得しない。黒田は3戦目につった両足の状態に関して、『大丈夫』と言っている。それなら、地元で今度こそ本当の最終決戦に行ってもらおうと。緒方監督はもう決めているともっぱらですよ。黒田が投げれば本拠地のファンの凄まじい後押しがあるし、本人も引退を公言しているだけに、後先考えずに飛ばせますからね。1回でも2回でも、行けるところまで行ってもらって、その後は5戦目に先発したジョンソンが中2日でリリーフ待機する青写真だと聞きました。5戦目に6回4安打無失点と抑えながら、わずか95球で降板したのは、おそらく中2日のリリーフ登板に備えてのことでしょう。広島はジョンソンと来季から年俸300万ドル(約3億1950万円)の3年総額が最大で15億円を超える大型契約を結んでいて、本人も意気に感じているようですから」(広島の放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る