広島・緒方監督困った…日ハム王手で秘策“お蔵入り”危機

公開日: 更新日:

 広島の緒方監督は当初、今回の日本シリーズがもつれると踏んで、7戦目の投手起用に頭を悩ませていたらしい。

 先発を中4日の黒田にするか、それとも、ここまでシリーズで登板機会のない福井にするか――。 

「最終戦の先発が福井じゃ、負けた時にナインもファンも納得しない。黒田は3戦目につった両足の状態に関して、『大丈夫』と言っている。それなら、地元で今度こそ本当の最終決戦に行ってもらおうと。緒方監督はもう決めているともっぱらですよ。黒田が投げれば本拠地のファンの凄まじい後押しがあるし、本人も引退を公言しているだけに、後先考えずに飛ばせますからね。1回でも2回でも、行けるところまで行ってもらって、その後は5戦目に先発したジョンソンが中2日でリリーフ待機する青写真だと聞きました。5戦目に6回4安打無失点と抑えながら、わずか95球で降板したのは、おそらく中2日のリリーフ登板に備えてのことでしょう。広島はジョンソンと来季から年俸300万ドル(約3億1950万円)の3年総額が最大で15億円を超える大型契約を結んでいて、本人も意気に感じているようですから」(広島の放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る