DHなし第7戦なら…日ハム大谷「3番・右翼」を限定解除か

公開日: 更新日:

 日本シリーズ第5戦は1-1で迎えた九回裏、西川の劇的なサヨナラ満塁弾で日本ハムが王手をかけた。これで広島は後がなくなったわけだが、29日の第6戦に勝って最終戦までもつれた場合に警戒しているのが、日本ハム栗山監督の「ウルトラC案」だ。同監督が再三にわたり「ない」と否定している大谷翔平(22)の野手起用を、「間違いなくやってきますよ」とみているのである。ある選手がこう言った。

「投手として先発した初戦は8番で2安打。第3戦では3番・DHでサヨナラ打を含む3安打でしょう。DH制がある札幌ドームに来て改めて分かったのは、大谷がいるといないとじゃ、打線の迫力、つながりがまったく違うということ。DH制がない2戦目は大谷がベンチに座ってくれて相手打線は4安打。ラッキーでした。栗山監督は『やらせない』と言っているそうですけど、第6戦に投手として先発した大谷を、最後の試合に限って『限定解除』するんじゃないか。CSでも最後に抑えをやらせたり、何をやってくるか分からない監督。かなりの確率で『3番・右翼』で先発出場すると読んでます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る