DHなし第7戦なら…日ハム大谷「3番・右翼」を限定解除か

公開日:  更新日:

 日本シリーズ第5戦は1-1で迎えた九回裏、西川の劇的なサヨナラ満塁弾で日本ハムが王手をかけた。これで広島は後がなくなったわけだが、29日の第6戦に勝って最終戦までもつれた場合に警戒しているのが、日本ハム栗山監督の「ウルトラC案」だ。同監督が再三にわたり「ない」と否定している大谷翔平(22)の野手起用を、「間違いなくやってきますよ」とみているのである。ある選手がこう言った。

「投手として先発した初戦は8番で2安打。第3戦では3番・DHでサヨナラ打を含む3安打でしょう。DH制がある札幌ドームに来て改めて分かったのは、大谷がいるといないとじゃ、打線の迫力、つながりがまったく違うということ。DH制がない2戦目は大谷がベンチに座ってくれて相手打線は4安打。ラッキーでした。栗山監督は『やらせない』と言っているそうですけど、第6戦に投手として先発した大谷を、最後の試合に限って『限定解除』するんじゃないか。CSでも最後に抑えをやらせたり、何をやってくるか分からない監督。かなりの確率で『3番・右翼』で先発出場すると読んでます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る