シリーズ第6戦は先発せず ハム大谷“右足首異常”の深刻度

公開日:

「もともと捻挫しやすいからな……」

 日本ハムの大谷翔平について、あるOBが心配顔でこう言う。

 大谷は26日の第4戦の八回、遊ゴロを放って一塁へ激走した際に、右足首をひねった。試合後はアイシングを施し、本人は「もともと足首が緩いので」と、軽症であることを強調していた。

 前出のOBが言うように、大谷は高校時代から捻挫グセがある。階段を上り下りしたり、スパイクを履いてストップする動作をする時に何度か足をくじいたことがあったそうで、過去の登板中に右足の異常で降板したこともあった。

 それだけに、このOBは、「初体験となる日本シリーズも含め、例年以上に多くの試合に出場して疲労も蓄積している。それだけに右足首が心配」と、言うのである。

 一夜明けた27日の第5戦は、「3番指名打者」で出場、2打席目の二ゴロの際には前日同様、大きなストライドで一塁へ駆け込んだ。3打席目には7打席ぶりの安打となる二塁打を放ったものの、先発が予想される第6戦を含め、残りの戦いに影響はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る