シリーズ第6戦は先発せず ハム大谷“右足首異常”の深刻度

公開日:

「もともと捻挫しやすいからな……」

 日本ハムの大谷翔平について、あるOBが心配顔でこう言う。

 大谷は26日の第4戦の八回、遊ゴロを放って一塁へ激走した際に、右足首をひねった。試合後はアイシングを施し、本人は「もともと足首が緩いので」と、軽症であることを強調していた。

 前出のOBが言うように、大谷は高校時代から捻挫グセがある。階段を上り下りしたり、スパイクを履いてストップする動作をする時に何度か足をくじいたことがあったそうで、過去の登板中に右足の異常で降板したこともあった。

 それだけに、このOBは、「初体験となる日本シリーズも含め、例年以上に多くの試合に出場して疲労も蓄積している。それだけに右足首が心配」と、言うのである。

 一夜明けた27日の第5戦は、「3番指名打者」で出場、2打席目の二ゴロの際には前日同様、大きなストライドで一塁へ駆け込んだ。3打席目には7打席ぶりの安打となる二塁打を放ったものの、先発が予想される第6戦を含め、残りの戦いに影響はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る