強化試合で「勝つ采配」明言 侍J小久保監督は“背水の陣”

公開日: 更新日:

 それができれば言うことはないのだが……。

 10日から4日間かけて行われる「侍ジャパン」の強化試合。日本代表の小久保裕紀監督(45)は、9日の会見で、「WBC前の最後の強化試合で、大切な4日間となる。本番を見据え、勝つための采配をしたい」と鼻息荒く話した。

 しかし、問題はそこだ。思い起こされるのが、昨年のプレミア12。米国はメジャーリーガーが出場せず、日本は優勝候補の筆頭といわれていた。にもかかわらず、準決勝の韓国戦に敗れ、まさかの3位。指導者経験のない小久保監督の継投ミスが九回に3点差をひっくり返されるまさかの逆転負けを呼んだ。NPBには「アイツに監督なんて無理だ! 辞めさせろ!」というファンからの電話が殺到したという。

 あれから1年。コーチ陣を刷新したとはいえ、肝心の指揮官の経験不足は解消されていない。代表選手たちにとっては「たかが練習試合」でも、小久保監督にしてみれば「勝つための采配」を振るラストチャンス。

 ナインより誰より、小久保監督にとっての「大切な4日間」となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  9. 9

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  10. 10

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

もっと見る