強化試合で「勝つ采配」明言 侍J小久保監督は“背水の陣”

公開日: 更新日:

 それができれば言うことはないのだが……。

 10日から4日間かけて行われる「侍ジャパン」の強化試合。日本代表の小久保裕紀監督(45)は、9日の会見で、「WBC前の最後の強化試合で、大切な4日間となる。本番を見据え、勝つための采配をしたい」と鼻息荒く話した。

 しかし、問題はそこだ。思い起こされるのが、昨年のプレミア12。米国はメジャーリーガーが出場せず、日本は優勝候補の筆頭といわれていた。にもかかわらず、準決勝の韓国戦に敗れ、まさかの3位。指導者経験のない小久保監督の継投ミスが九回に3点差をひっくり返されるまさかの逆転負けを呼んだ。NPBには「アイツに監督なんて無理だ! 辞めさせろ!」というファンからの電話が殺到したという。

 あれから1年。コーチ陣を刷新したとはいえ、肝心の指揮官の経験不足は解消されていない。代表選手たちにとっては「たかが練習試合」でも、小久保監督にしてみれば「勝つための采配」を振るラストチャンス。

 ナインより誰より、小久保監督にとっての「大切な4日間」となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る