• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍ジャパン正捕手 小久保監督がG小林に“白羽の矢”の真相

 WBCの組分けと日程が決まった侍ジャパンの小久保裕紀監督が、頭を痛めているのが捕手問題である。

 セもパもこれといった選手がいない。そもそも、レギュラーの指針である「規定打席」に到達している捕手は、セではヤクルト中村、パではロッテ田村の2人のみ。打率は田村が・266と突出しているが、それでもリーグ19位だ。中村は.188で最下位。正捕手候補の楽天・嶋は故障から復帰したばかりで、もう誰でもいいよ、という状況だ。

 そんな中、小久保監督が期待を寄せるのが巨人の小林誠司(27)だという。巨人の第2捕手だった新人時代に侍ジャパンに初招集。小久保監督はこの時、「巨人には阿部慎之助という大捕手がいるが、17年のWBCを見据えた時、(小林の)動きを見て、ルーキーながら肩の強さ、インサイドワーク、結構思い切ったリードをするという印象を持った。経験を積ませ、将来は巨人でレギュラーを取って、侍でもレギュラーを、という期待を込めた選出」と話していた。以降、正捕手ではないまでも小林をメンバーに入れてきた経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る