山田、大谷も侍J参戦 打点王・中田翔に出番なしの可能性

公開日: 更新日:

 居場所がなさそうだ。

 11月に強化試合を行う野球日本代表「侍ジャパン」のメンバーが、昨18日に発表された。投手では大谷(日本ハム)や菅野(巨人)、野手では山田(ヤクルト)、柳田(ソフトバンク)ら総勢28人が名を連ねた中、注目されているのが中田翔(27=日本ハム)の起用法だ。

 小久保代表監督は以前から中田にゾッコン。これまでの代表戦でも一貫して中田の起用にこだわってきたが、今回ばかりは守る場所がない。

 選出された28人中、一塁を本職とするのは中田と内川(ソフトバンク)のみ。だが、ここに思わぬ“伏兵”が現れそうなのだ。2年連続トリプルスリーを達成した二塁手の山田である。

 球界OBが言う。

「二塁には菊池(広島)がいる。打力は山田ですが、菊池の驚異的な守備力は外せない。今季はセの最多安打を記録し、バットでも頼りになる。そこで浮上しているのが、山田の一塁起用なのです。そうなると中田はベンチということになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る