• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

動物やバンドも動員 カブス・マドン監督の“選手操縦術”

 ワールドシリーズでインディアンスを下し、108年ぶりの世界一を達成したカブス。古豪復活は指揮官の手腕抜きに語れない。

 ジョー・マドン監督(62)は過去3度、最優秀監督賞を受賞。レイズ時代に2度(08、11年)、3度目の昨15年は地区3位ながらプレーオフに進出、リーグ優勝決定戦まで駒を進めた点が評価された。

 メジャーを代表する知将で、型にはまらない采配や選手起用をすることで知られる。08年には4点リードの九回2死満塁で強打者を敬遠、1点を失いながら逃げ切ったことも。外野を4人で守らせたり、逆に内野手を増やしたりするケースもある。ア・リーグのお荷物球団だったレイズを2度地区優勝させ、08年はワールドシリーズに導いた。

 手腕はグラウンド外でも発揮されている。選手をいかに気分よくプレーさせるかを絶えず考えているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る