抑え手薄な侍J“ウルトラC” あるかハム大谷の守護神起用

公開日:  更新日:

 6日にスタートした侍ジャパンの強化合宿。来春のWBCに向けて、29選手が10日からの強化試合(メキシコ、オランダ)に臨む。今回は、本番を見据えた選考会の意味合いもあり、3分の1程度の選手は本大会メンバーから外れる可能性があるという。

 2大会ぶりの世界一に向けて、カギを握るのは抑え投手だ。昨年のプレミア12は最後まで抑えを固定できず、準決勝で敗退した。今回は宮西(日本ハム)ら5人のリリーフ投手を招集。権藤投手コーチは計4試合の中で、「各投手の適性を再確認したい」としている。今回はメンバーから外れた則本、松井裕(楽天)も本大会での抑え候補であり、小久保監督が高く評価しているという現役メジャーリーガーの上原(レッドソックス)のメンバー招集も視野に入れているというが……。

「上原はFAで、来季の去就は未定。他球団に移籍すれば参加は難しいし、残留したとしてもレッドソックスはWBCへの投手の派遣に消極的だ。上原を断念せざるをえなくなると、同僚の田沢も候補だが、NPBを経由していないため、メンバー入りは難しいという。抑え探しは簡単にはいかないですよ」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る