• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“飛ばし屋”渡邉彩香に復調の兆し 師匠も初日には合格点

【LPGAツアー選手権リコーカップ 初日】

「ずっと苦しい試合が続いていましたが、調子が上がってきました。メジャー優勝が今年の目標です。達成するためにあと3日間頑張ります」

 初日、4アンダーで単独首位に立った渡邉彩香(23)が久々に笑顔を見せた。

 ツアー3年目の昨季は2勝を挙げ、獲得賞金は1億円を超えてランクは日本勢トップの6位。トッププロの仲間入りを果たし、今季も序盤から何度も優勝争いを演じていた。

 潮目が変わったのは、今季公式戦初戦のワールドレディス(茨城)。大会初日、2日目、最終日と3日間、米ツアーの飛ばし屋L・トンプソン(21)と同組になり、猛追するも2打差で惜敗。飛距離でも完敗し、悔し涙をボロボロ流した。

 以後、ベスト10入りは4回で、それまでなかった予選落ちは5試合。賞金ランクは12位(約6200万円)に甘んじているが、渡邉自身も語っているように、終盤になりやっと調子が上向いてきた。何が変わったのか。渡邊の師匠で、日刊ゲンダイ「飛ぶクラブ探し」でもお馴染み石井明義プロが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る