• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

焼き肉25人前ペロリ 初Vの松森彩夏はモデル体形の大食い

【富士通レディース 最終日】

 プロ4年目の松森彩夏(22)が通算12アンダーでツアー初優勝を果たした。3位発進の最終日は5バーディー、1ボギーの68で回り、今季2勝と好調な笠りつ子(28)にプレッシャーをかけて1打差で迫る笠を最終18番で振り切った。

 ホールアウト後に涙を浮かべた松森は4歳のとき祖父の勧めでクラブを握り、宮里藍のデビュー戦に感激してプロの道を目指した。松森を知る関係者はこう語る。

「普段はのんびりしていますが、クラブを握ると負けん気の強い部分が前面に出ます。怒られると泣くこともある一方で、こちらの助言にもケロッとして流すような時もある。ナーバスになったり反抗したりすることもありますが、今回優勝できたのは、なるようになると開き直れたからだと思います。去年の春先からウイークポイントであるアプローチの練習を徹底し、スコアメークができたことで今回はストレスなく回れたのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る