焼き肉25人前ペロリ 初Vの松森彩夏はモデル体形の大食い

公開日: 更新日:

【富士通レディース 最終日】

 プロ4年目の松森彩夏(22)が通算12アンダーでツアー初優勝を果たした。3位発進の最終日は5バーディー、1ボギーの68で回り、今季2勝と好調な笠りつ子(28)にプレッシャーをかけて1打差で迫る笠を最終18番で振り切った。

 ホールアウト後に涙を浮かべた松森は4歳のとき祖父の勧めでクラブを握り、宮里藍のデビュー戦に感激してプロの道を目指した。松森を知る関係者はこう語る。

「普段はのんびりしていますが、クラブを握ると負けん気の強い部分が前面に出ます。怒られると泣くこともある一方で、こちらの助言にもケロッとして流すような時もある。ナーバスになったり反抗したりすることもありますが、今回優勝できたのは、なるようになると開き直れたからだと思います。去年の春先からウイークポイントであるアプローチの練習を徹底し、スコアメークができたことで今回はストレスなく回れたのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  2. 2

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る