福岡に強行出場 川内優輝が“ただの市民ランナー”に戻る日

公開日:  更新日:

 来夏の世界選手権(ロンドン)の日本代表選考会を兼ねた4日の福岡国際マラソンに出場する有力選手が会見。公務員ランナーの川内優輝(29=埼玉県庁)は、「ひとつでも上の順位、1秒でも速く走ることを目標に頑張りたい」と話した。

 川内はすでに、ロンドン世界選手権を最後に日本代表から“引退”する意向を示している。それだけに、この福岡で「選考の俎上に残れるようにしたい」と意気込むのだが、11年の世界選手権代表になって一躍、「市民ランナーの星」と注目を浴びた川内も、13年のソウル国際で2時間8分14秒の自己新をマークして以来、タイムはジリ貧状態。14年以降はフルマラソン33レースに走って、2時間10分を切ったのはわずか3度しかない。

 しかも、先月の練習中に右ふくらはぎを痛め、自ら「出場するかどうか悩んだ。痛みはないが、あとは体力的な部分。付け焼き刃でどこまでできるか」という状態だ。陸連が定めた世界選手権への派遣設定記録は2時間7分0秒で、クリアするのは絶望的。「ただの市民ランナー」に戻る日が近づいている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る