優しすぎる設定 よみうりCCはツアー最終戦にふさわしいか

公開日:  更新日:

【ゴルフ日本シリーズJTカップ】

 東京よみうりカントリークラブで行う今大会は、1998年大会からパー70設定で行われており、7016ヤードに変更したのは06年大会から(12年から7023ヤード)。

 ゴルフ道具の進化と共にプロの飛距離が伸びて、パー72では爆発的なスコアが出てしまうという配慮からだ。

 だが、パー5の6番(541ヤード)は平均ストロークが4.233、17番(535ヤード)は4.367。楽々と2オンして確実にバーディーを計算できるやさしいホールになっているのがわかる。

 日本ゴルフツアー機構の青木功会長は、「世界に通用する選手の育成の必要性が高まっている」「日本で育った選手が世界を舞台に活躍する姿を多くのゴルフファンに見ていただけるように取り組んでいく」と語っているが、こんなやさしいコース設定で、果たして世界に羽ばたく選手が出てくるというのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る