• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バドミントン 日本のリーグに海外から移籍希望者が殺到中

 日本国内の最高峰リーグであるバドミントンのS/Jリーグが海外の選手から注目を集めている。

 今年11月に前身の日本リーグを発展させ、新たにスタートしたS/Jリーグ。このリーグではリオ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組(日本ユニシス)ら男女とも日本を代表する選手がしのぎを削っている。

 先のリオ五輪では高橋、松友のほか、女子シングルスでは奥原希望(21)が銅、男子ダブルスは早川賢一(30)、遠藤大由(30)組が8強入り。14日に開幕した年間上位8組と五輪金メダリストが出場するスーパーシリーズ(SS)・ファイナル(ドバイ)には、計5種目のうち、日本からは男子シングルスを除く4種目に出場している。

 バドミントンの強豪国の中には練習環境や待遇に恵まれないケースも多い。専用施設などが整っている上に、それなりの待遇が得られ、レベルの高いS/Jリーグに加盟する実業団との契約を希望する選手が後を絶たないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る