バドSファイナル好発進も タカマツV2に中国若手ペアの壁

公開日: 更新日:

 バドミントンのスーパーシリーズ・ファイナル(ドバイ)が14日に開幕。各種目1次リーグが行われ、リオ五輪女子ダブルス金メダルで14年以来2年ぶりの頂点を目指す高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組は同じ日本の福万尚子(24)、与猶くるみ(24)組を21-19、21-19で下した。

 今大会はスーパーシリーズ上位と五輪金メダリストら8組が出場。1次リーグは2組に分かれて総当たりで行われ、各組2位までが準決勝に進出する。

 順当ならタカマツペアの1次リーグ突破は確実とみられるが、2年ぶりの優勝には中国の若手ペアが立ちはだかりそうだ。

 昨年の世界ジュニア選手権覇者で、今大会の優勝候補の一角である陳清晨、賈一凡の19歳ペアだ。伸び盛りの中国ペアは今季のフランスオープンでスーパーシリーズ初優勝。そのフランスオープン準決勝でタカマツペアは敗れており、高橋、松友とも「若くても実力がある」と口を揃える。

 タカマツペアは、中国ペアを倒して優勝賞金8万4000ドル(約980万円)を獲得できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る