コーチが現役復帰 日本男子バド“超少数精鋭”体質の問題点

公開日:  更新日:

 バドミントン日本リーグ「S/Jリーグ」でNTT東日本がコーチ2人を「選手」として登録した。

 NTT東日本は今年4月に桃田賢斗(22)ら複数部員が違法賭博に関与していることが発覚。田児賢一(27)は解雇され、桃田が無期限、古賀輝(22)が1年間の出場停止の処分を受けたため、出場可能選手は5人しかいない。

 リーグは6人以上の登録が必要なため、川口馨士コーチ(37)と、リオ五輪のバドミントン女子日本代表シングルスでコーチを担当し、奥原希望(21)を男女通じてシングルス初のメダルに導いた佐藤翔治氏(34)を“現役”に復帰させた。

 苦肉の策を取る背景には、バドミントン界の極端な“少数精鋭”体質にある。日本リーグに所属するチームのほとんどが登録人数10人前後。一番多い企業でも12人で、いわゆる控えやサブは最小限に抑えている。というのも、レベルの高い選手から順に起用されるため、シングルスやダブルスで同じ選手が出ることが多い。故障者や欠場用に何人も選手を抱える必要がないのだ。

 NTTは違法賭博という「ケガ」に勝る緊急事態を乗り越えられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る