球団ヒヤヒヤ…西武・森は退寮1人暮らしで“牛丼生活”に

公開日: 更新日:

「仕方ないとはいえ、本当に大丈夫なのか……」

 球団内でそう言われているのが、西武森友哉(21)だ。3年目の今季は107試合に出場し、10本塁打、46打点、打率.292。しかし、本業の捕手としては26試合しかマスクをかぶれず、右翼とDHでの出場が大半だった。

 辻新監督の方針で来季は捕手一本で臨むことになっているが、課題は山積みだ。サインを覚えるのが苦手で、リードは未熟。キャッチングもうまくはないため、投手陣から信頼されていない。

 そこにきて、今オフの退寮だ。衣食住の「食」と「住」は保証されていた寮から出て、自分の面倒はすべて自分で見なければいけなくなった。森はすでに1人暮らしを始めており、食事はすべて外食。昼食は牛丼が多いというから、はやくも食生活が偏っている。ヤンチャな性格も球団の懸念するところだ。

 かつて西武は「オマエを野放しにしたら大変なことになる」と、清原の退寮申請を却下したことがある。森は高卒3年目。寮の部屋数には限りがあるため退寮もやむなしとはいえ、球団の心配は尽きることがなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  4. 4

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ピントずれのコロナ対策 消費減税でデフレスパイラル加速

  10. 10

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

もっと見る