球団ヒヤヒヤ…西武・森は退寮1人暮らしで“牛丼生活”に

公開日:  更新日:

「仕方ないとはいえ、本当に大丈夫なのか……」

 球団内でそう言われているのが、西武の森友哉(21)だ。3年目の今季は107試合に出場し、10本塁打、46打点、打率.292。しかし、本業の捕手としては26試合しかマスクをかぶれず、右翼とDHでの出場が大半だった。

 辻新監督の方針で来季は捕手一本で臨むことになっているが、課題は山積みだ。サインを覚えるのが苦手で、リードは未熟。キャッチングもうまくはないため、投手陣から信頼されていない。

 そこにきて、今オフの退寮だ。衣食住の「食」と「住」は保証されていた寮から出て、自分の面倒はすべて自分で見なければいけなくなった。森はすでに1人暮らしを始めており、食事はすべて外食。昼食は牛丼が多いというから、はやくも食生活が偏っている。ヤンチャな性格も球団の懸念するところだ。

 かつて西武は「オマエを野放しにしたら大変なことになる」と、清原の退寮申請を却下したことがある。森は高卒3年目。寮の部屋数には限りがあるため退寮もやむなしとはいえ、球団の心配は尽きることがなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る