日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原以来の5年契約 陽岱鋼が巨人に望む“終身雇用”の損得

 巨人に日本ハムからFA入団することが決まった陽岱鋼(29)との契約が「5年総額15億円超」だと15日付のスポーツ報知が報じている。

 小笠原(現中日二軍監督)、杉内クラスの大物でさえ、契約年数は「4年」だった。巨人での「5年」は、過去に広沢、清原の2人しかいないというから、異例中の異例の長さである。球団の誠意というより、「陽の意向が反映されたとみるのが自然でしょう」と、さる球界関係者がこう続ける。

「巨人は山口俊との交渉の際、3年総額6億円から、中日が参入したこともあって7億円に上方修正した。山口の周辺によれば、『実は4年8億円以上です』との声もあって、巨人が最初の提示より条件を上げたことは確か。これを後に交渉した陽側も把握している。案の定、巨人は最初の3年から5年契約に引き上げた。巨人はこのオフの補強で総額30億円といわれるカネをバラまいているが、陽サイドは粘れば契約年数は増やせると踏んでいたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事