清原以来の5年契約 陽岱鋼が巨人に望む“終身雇用”の損得

公開日: 更新日:

 巨人日本ハムからFA入団することが決まった陽岱鋼(29)との契約が「5年総額15億円超」だと15日付のスポーツ報知が報じている。

 小笠原(現中日二軍監督)、杉内クラスの大物でさえ、契約年数は「4年」だった。巨人での「5年」は、過去に広沢、清原の2人しかいないというから、異例中の異例の長さである。球団の誠意というより、「陽の意向が反映されたとみるのが自然でしょう」と、さる球界関係者がこう続ける。

「巨人は山口俊との交渉の際、3年総額6億円から、中日が参入したこともあって7億円に上方修正した。山口の周辺によれば、『実は4年8億円以上です』との声もあって、巨人が最初の提示より条件を上げたことは確か。これを後に交渉した陽側も把握している。案の定、巨人は最初の3年から5年契約に引き上げた。巨人はこのオフの補強で総額30億円といわれるカネをバラまいているが、陽サイドは粘れば契約年数は増やせると踏んでいたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る