西武・菊池雄星 18年オフに“条件付き”でメジャー移籍情報

公開日:

 西武の菊池雄星(25)がポスティングで海を渡る――早ければ18年オフ、条件付きで球団と話がついたというのである。

 某球団OBが言う。

「来季から2年連続2ケタ勝利。これがポスティングを認める条件だと聞きました。すでに球団とは話がついているようで、雄星も『これで念願だったメジャーに行ける』と親しい関係者に漏らしています」

 菊池はMAX157キロを投げる、速球派左腕。花巻東高時代から米球団に熱視線を向けられ、当時は本人も日本のプロ野球を経ずに、直接メジャーに挑戦しようとしていた。

 結局、09年ドラフト1位で西武入り。1年目に左肩を痛め、その後も右脇腹や左ヒジ、背中などに故障が頻発し、期待されたほど成績は残せなかったものの、今季は12勝7敗、防御率2・58と活躍。プロ7年目にしてようやく自身初の2ケタ勝利を収めた。菊池のポテンシャルからすれば、遅すぎたくらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る