来季は捕手専念 西武・森“失われた3年”奪還は首脳陣次第

公開日:  更新日:

 西武の森友哉(21)昨7日、500万円増の年俸4500万円で契約を更改。会見で「来年はキャッチャー一本でいきたい。(正捕手の炭谷)銀仁朗さんにライバルと思ってもらえるように頑張ります」と宣言した。

 高卒ながら、「即戦力捕手」と高い評価を受けた森は、13年のドラフト1位で入団。しかし、すぐに「捕手失格」の烙印を押された。「リードが稚拙」「キャッチングが下手」と散々な言われよう。だったら、少しでも経験を積ませて課題を解消させる必要があるのに、2年目の昨年は一度もマスクをかぶらせてもらえなかった。

 試合で投手の球を受けなければ、経験値は上がらないし、成長だってしない。うまくならないから、試合に使ってもらえないという悪循環。首脳陣が芽を摘んでいたようなものである。107試合に出場して打率.292、10本塁打、46打点の成績を残した今季も、捕手として先発出場したのはわずか22試合だった。

 辻新監督はすでに、来季の森の起用を「捕手専念」としている。「マスクをかぶると打撃にも影響する」ともいわれたが、今季は捕手出場時の打率は.349だった。森が捕手として一本立ちするもしないも、首脳陣の我慢次第。来季は、森にとってもチームにとっても、失われた3年間を取り戻す年になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る