来季は捕手専念 西武・森“失われた3年”奪還は首脳陣次第

公開日: 更新日:

 西武森友哉(21)昨7日、500万円増の年俸4500万円で契約を更改。会見で「来年はキャッチャー一本でいきたい。(正捕手の炭谷)銀仁朗さんにライバルと思ってもらえるように頑張ります」と宣言した。

 高卒ながら、「即戦力捕手」と高い評価を受けた森は、13年のドラフト1位で入団。しかし、すぐに「捕手失格」の烙印を押された。「リードが稚拙」「キャッチングが下手」と散々な言われよう。だったら、少しでも経験を積ませて課題を解消させる必要があるのに、2年目の昨年は一度もマスクをかぶらせてもらえなかった。

 試合で投手の球を受けなければ、経験値は上がらないし、成長だってしない。うまくならないから、試合に使ってもらえないという悪循環。首脳陣が芽を摘んでいたようなものである。107試合に出場して打率.292、10本塁打、46打点の成績を残した今季も、捕手として先発出場したのはわずか22試合だった。

 辻新監督はすでに、来季の森の起用を「捕手専念」としている。「マスクをかぶると打撃にも影響する」ともいわれたが、今季は捕手出場時の打率は.349だった。森が捕手として一本立ちするもしないも、首脳陣の我慢次第。来季は、森にとってもチームにとっても、失われた3年間を取り戻す年になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

もっと見る