日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白村と上原以外にもいる 日ハム“二刀流”のダークホース

 日本ハムの栗山監督が、大谷に続く二刀流選手を育てると話している。

「妄想かもしれないけど、2つやれるようにしないと強くならない。ウチは限られた資金で勝とうとしているしね」

 こう言って、候補として来季4年目の右腕・白村明弘(25)と、2年目の左腕・上原健太(22)の名前を挙げた。

 白村は過去3年間、主に中継ぎとして計82試合に登板して5勝2敗1S。上原は今季1試合に登板して勝ち負けなし。2人とも打者としては今季、一軍はもちろん、ファームでも打席に立っていない。

 上原は190センチの長身ながら50メートル5秒7の脚力、白村は野手顔負けの打撃センスの持ち主といわれるが、「白村も上原も、要するに投手としては頭打ちということ。白村はフォーム改造に乗りだしているとも聞いた。投手として限界なら、野手としての可能性を生かしたらどうかという栗山監督の親心でしょう」と、日本ハムのさるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事