• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白村と上原以外にもいる 日ハム“二刀流”のダークホース

 日本ハムの栗山監督が、大谷に続く二刀流選手を育てると話している。

「妄想かもしれないけど、2つやれるようにしないと強くならない。ウチは限られた資金で勝とうとしているしね」

 こう言って、候補として来季4年目の右腕・白村明弘(25)と、2年目の左腕・上原健太(22)の名前を挙げた。

 白村は過去3年間、主に中継ぎとして計82試合に登板して5勝2敗1S。上原は今季1試合に登板して勝ち負けなし。2人とも打者としては今季、一軍はもちろん、ファームでも打席に立っていない。

 上原は190センチの長身ながら50メートル5秒7の脚力、白村は野手顔負けの打撃センスの持ち主といわれるが、「白村も上原も、要するに投手としては頭打ちということ。白村はフォーム改造に乗りだしているとも聞いた。投手として限界なら、野手としての可能性を生かしたらどうかという栗山監督の親心でしょう」と、日本ハムのさるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る