白村と上原以外にもいる 日ハム“二刀流”のダークホース

公開日: 更新日:

 日本ハムの栗山監督が、大谷に続く二刀流選手を育てると話している。

「妄想かもしれないけど、2つやれるようにしないと強くならない。ウチは限られた資金で勝とうとしているしね」

 こう言って、候補として来季4年目の右腕・白村明弘(25)と、2年目の左腕・上原健太(22)の名前を挙げた。

 白村は過去3年間、主に中継ぎとして計82試合に登板して5勝2敗1S。上原は今季1試合に登板して勝ち負けなし。2人とも打者としては今季、一軍はもちろん、ファームでも打席に立っていない。

 上原は190センチの長身ながら50メートル5秒7の脚力、白村は野手顔負けの打撃センスの持ち主といわれるが、「白村も上原も、要するに投手としては頭打ちということ。白村はフォーム改造に乗りだしているとも聞いた。投手として限界なら、野手としての可能性を生かしたらどうかという栗山監督の親心でしょう」と、日本ハムのさるOBがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る