背番号1で出直し ハム首脳陣温める「斎藤佑再生プラン」

公開日: 更新日:

 文字通り「1から出直し」となる。

 日本ハム斎藤佑樹(28)が来季から背番号を「18」から「1」に変更する。「1」は今季まで陽岱鋼(29)がつけていたが、巨人へFA移籍することが決まり、空き番号に。

 斎藤の「キャリアハイ」は早稲田実業で夏の甲子園を制覇した06年。高校2年からつけ続けたエース番号に「戻す」ことは“原点回帰”“現状打破”の意味が込められているんだとか。

 6年目の今季は11試合に登板したものの、3年ぶりの未勝利。栗山監督から与えられたチャンスを生かせず、二軍暮らしが続いた。そんな中、出版社社長から高級車ポルシェやマンションなどの利益供与を受けていたことが週刊誌に報じられて泣きっ面に蜂。落ちるところまで落ちた斎藤だが、栗山監督以下の首脳陣は来季に向けた「再生プラン」を温めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る