日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

背番号1で出直し ハム首脳陣温める「斎藤佑再生プラン」

 文字通り「1から出直し」となる。

 日本ハムの斎藤佑樹(28)が来季から背番号を「18」から「1」に変更する。「1」は今季まで陽岱鋼(29)がつけていたが、巨人へFA移籍することが決まり、空き番号に。

 斎藤の「キャリアハイ」は早稲田実業で夏の甲子園を制覇した06年。高校2年からつけ続けたエース番号に「戻す」ことは“原点回帰”“現状打破”の意味が込められているんだとか。

 6年目の今季は11試合に登板したものの、3年ぶりの未勝利。栗山監督から与えられたチャンスを生かせず、二軍暮らしが続いた。そんな中、出版社社長から高級車ポルシェやマンションなどの利益供与を受けていたことが週刊誌に報じられて泣きっ面に蜂。落ちるところまで落ちた斎藤だが、栗山監督以下の首脳陣は来季に向けた「再生プラン」を温めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事